アトリエ部屋に布の収納棚を作りました!前編

こんにちは!

今日は、アトリエ(作業部屋)で使うためにDIYで作った棚を紹介します!

ハンドメイド用の布を収納するために作りました。

こちらに写っている、右側の背の高い棚です!

布保管用の棚1

材料は、SPFの1×6材と1×8材です。

これをホームセンターでカットしてもらい、繋げて作りました。

スポンサーリンク

組み立てているところです。

布保管用の棚2

いつもこの辺の工程は、つい写真を撮り忘れてしまいます・・・

棚を作るときはいつも、コーナークランプを使って板同士を直角に固定し、直角定規で90度になっているか確認しています。

ただ、この頃はまだ道具をあまり揃えていなかったので、板の固定は、木工ボンドでくっつけてから、乾くまで椅子を挟んで固定したり、

90度の確認も額縁で代用したりしてました(笑)

今考えれば、道具が揃っていなくても出来るっちゃ出来るけど、やっぱり精度が違いますし、時間も結構かかってましたね( ̄∀ ̄)

 

棚はネジで止めていますが、出来るだけ見栄えを良くするため、ダボでネジを隠しています。

布保管用の棚3

全体で見るとこんな感じ。

布保管用の棚4

たくさんあるとちょっと面倒な作業ですが、見栄えが全然違うのでやっぱり大事!

 

棚の底面には、脚をつけました。

脚の付け方は、* Rabbit House *さんを参考にさせていただきました。

こちらの付け方より簡易ですが(ズボラ発揮)、ぐらつきもなくしっかり固定できています。

 

まず横方向に角材を渡してボンドで固定し、端材のSPF材をカットして作った脚も、このように角材に沿わせてボンドで固定します。

布保管用の棚5

ボンドが乾いたら、角材を本体に向かってビスで固定し、脚は角材に向かって二箇所ビス止めして、完成!

布保管用の棚6

しっかり固定されました!

ひっくり返して立たせてみます。

布保管用の棚7

いい感じですね!

脚が付いてると、なんとなく高級感が増す気がします!

素人DIY ⇒ 中級者DIY にランクアップ的な(笑)

また、下に隙間があると、空間を広く見せる効果もあるそうです^^

ダボと同じく少し面倒な作業ですが、細かいところにこだわると満足度も上がります☆

 

さて、出来上がったものの全体像がこちら。

布保管用の棚8

とりあえず、で、でかい。笑

 

次回は、これに扉を付け、色塗りして完成までの工程を書きますね!

それでは、また~(^O^)

↓ブログ更新のモチベーションになります♪ポチッとお願いします☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です